田辺三菱(4508)が続落、「ラジカヴァ」新規投与想定以下で19年3月期予想を下方修正

 田辺三菱製薬(4508)が続落。同社は24日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想の修正を発表。売上収益を4350億円から4245億円(前期比2.2%減)へ、営業利益を670億円から500億円(同35.3%減)へ、純利益を470億円から370億円(同36.2%減)へ下方修正した。筋萎縮性側索硬化症(ALS)治療薬「ラジカヴァ」は、米国において、予定していた新規投与患者数に届かず、当初の想定を下回っており、ノバルティス」)との間で仲裁手続きが進行中であることを受け、受け取る「ジレニア ロイヤリティ」のうち、ノバルティスが契約の有効性について疑義を提起している部分について収益の認識を行わないとしている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket