富士フイルム(4901)が反発、独メドワーク買収で内視鏡用処置具事業に本格参入

富士フイルムホールディングス(4901)が反発。同社はこの日、内視鏡用の処置具の開発・製造・販売を行っている、ドイツのメドワークを買収することを発表した。これにより、内視鏡用処置具事業に本格参入する。メドワークは拠点をドイツに置き、胆管や膵管、消化管の内視鏡処置に使用される製品として、結石除去やポリープの切除、生検用など、幅広い処置領域に対応した豊富な製品ラインアップと高品質を強みとし、欧州や日本を含むアジア地域に提供している。欧州では、即日納入など、医療用製品に求められる迅速なデリバリーサービスに対応していることも高く評価されている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket