メディシノバ(4875)が反発、進行型多発性硬化症適用フェーズ3計画決定

 メディシノバ・インク(4875)が反発。この日、進行型多発性硬化症(進行型MS)を適応とするMN‐166(イブジラスト)のフェーズ3臨床治験計画概要にについて、米国食品医薬品局からフィードバックを受け、方針を決定したと発表したことが材料視された。再発を伴わない二次性進行型MSのみを対象に患者を登録、FDAが同意した総合障害度評価スケールで3カ月持続する身体障害の進行リスクを主要評価項目とする。フェーズ3計画決定で進行型MS治療薬で最も優れた新薬開発への期待が高まった。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket