工業地帯|企業速報 証券市場新聞

トーカロ(3433)が一段高、第1四半期進捗状況から通期上ブレ期待

トーカロ(3433)が一段高。同社は7月31日の取引終了後、20年3月期の第1四半期(4~6月)決算を発表。連結売上高で98億9700万円(前年同期比11.0%減)、営業利益で20億100万円(同26.0%減)となった。溶射加工(単体)、国内子会社以外のセグメントについては、総じて堅調に推移している。
通期は売上高360憶円(前期比9.0%減)、営業利益52億円(同32.8%減)と従来予想を据え置いており、第1四半期の進捗状況から上ブレ期待が高まっている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket