リプロセル(4978)が反発、順天堂大との共同事業がNEDO公募事業に採択

リプロセル(4978)が反発。同社は21日の取引終了後、順天堂大学による共同事業「ヒトiPS細胞由来神経細胞の成熟老化促進培地および創薬応用可能な評価方法の開発」が国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)公募事業である、2019年度「研究開発型ベンチャー支援事業/橋渡し研究開発促進による事業化支援」に採択された。この事業は順天堂大学が開発した新手法を同社の製品に導入し、iPS細胞由来神経細胞の成熟老化を従来の5倍程度早める技術を開発するもの。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket