企業速報01|企業速報 証券市場新聞

防衛関連が買われる、韓国「GSOMIA」破棄で地政学リスク高まる

石川製作所(6208)や豊和工業(6203)、細谷火工(4274)、重松製作所(7980)の防衛関連が揃って買い進まれた。日本と韓国が軍事機密を共有するために結んだ協定「GSOMIA」について、韓国政府が協定を延長せず、破棄することを決めたことで、地政学リスクの高まりから物色されている。米国も「強い懸念と失望」を表明。今後、韓国が北朝鮮やロシアなど共産諸国陣営に傾倒していけば、日本の防衛力増強はより急務になりそうだ。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket