スーパーマーケット|企業速報 証券市場新聞

神戸物産(3038)が反発、7月度売上高は15.8%増

神戸物産(3038)が反発。同社は26日の取引終了後、7月度の月次業績を発表、個別売上高は前年同期比15.8%増、直轄エリア既存店への商品出荷実績は同11.0%増、直轄エリア全店へは同14.8%増、全国全店への商品出荷実績は同15.5%増となった。、引き続きタピオカ関連商品が人気で、プライベートブランド商品である「冷凍ブロッコリー」をはじめとする冷凍野菜や、「冷凍ブルーベリー」「冷凍マンゴー」などの冷凍フルーツ、国内グループ工場製造の「鮭フレーク」などの出荷も伸長している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket