扶桑薬(4538)が続落、キンダリーなど好調による第2四半期予想上方修正も利益確定売り

扶桑薬品工業(4538)が続落。同社は10月31日の取引終了後、20年3月期の業績予想の修正を発表。第2四半期累計(4~9月)連結売上高で232億円から236億5000万円(前年同期比3.1%増)へ、営業利益で4億円から5億8000万円(同11.3%減)へ上方修正した10月30日には2273円まで上昇していることから利益確定売りに押されている。。主力製品である人工腎臓用透析剤キンダリーや後発医薬品等が販売促進により堅調に推移した。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket