企業|企業速報 証券市場新聞

ヤーマン(6630)が動意、20年4月期予想下方修正も織り込み済み

ヤーマン(6630)が動意。同社は15日の取引終了後、20年4月期の業績予想の修正を発表。通期連結売上高で275億9500万円から232億600万円(前期比14.8%減)へ、営業利益で58億4000万円から30億700万円(同47.3%減)へ下方修正した。前々期から前期にかけて業績を大きく押し上げる要因となったインバウンド需要の後退や、香港・韓国における政情不安定などの影響から、中国国内を除く海外顧客向けの売上が大きく落ち込んでいるが悪材料出尽くし動き。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket