FRONTEO(2158)がストップ高、AIで新型コロナ治療薬候補抽出を材料視

FRONTEO(2158)がストップ高。既存薬を別の病気に転用する「ドラッグリポジショニング」の研究に使える人工知能(AI)を開発したと23日付の日本経済新聞電子版で報じたことが材料視された。このAIを使い、新型コロナウイルス感染症の治療薬の候補を既存薬の中から複数見つけることに成功したとし、「製薬企業にこの情報を提供し、新型コロナ治療薬の臨床試験(治験)や早期承認につなげることを目指す」としている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket