企業|企業速報 証券市場新聞

ピーシーデポコーポレーション(7618)が急反発。高齢者が高額サポート契約を結ばれたとの批判がインターネット上で広がったことが嫌気され、前日まで大幅続落となっていたが、17日、契約について使用状況にそぐわないサービス提供があったことを認め、適正化に向けた対応策を発表したことで、一転買戻しが優勢になった。
使用状況にそぐわないサービスや高齢の加入者のコース変更と契約解除を無償にするなどとした。株価は直近高値から前日安値まで4日間で38%近い下落となっていた。

証券市場新聞

Pocket