企業|企業速報 証券市場新聞

さくらインターネット(3778)、インフォテリア(3853)が大幅高となっているほか、セレス(3696)やロックオン(3690)、マネーパートナーズグループ(8732)などフィンテック関連銘柄柄に買いが先行した。
22日付の日本経済新聞が「三菱UFJ銀行と日立製作所(6501)は、シンガポールでフィンテックを活用した金融システムの共同開発に乗り出す」と報じたことで、関連銘柄が改めて関心を集めた。2018年にもブロックチェーンと呼ばれる仮想通貨技術で電子小切手を決済できるようにする計画、地理的に強いアジアで金融インフラ輸出の攻勢をかけると伝えている。あす23日に開催されるフィンテックフォーラムで日銀黒田総裁が挨拶をすることへの思惑も買い気を誘っているという。

証券市場新聞

Pocket