企業|企業速報 証券市場新聞

日本マニュファクチャリングサービス(2162)が急反発、ストップ高まで買われた。23日付日経新聞が「2020年3月期までに、海外売上高を前期の390億円から8割増やし、700億円にする方針」と報じたことを好感、買い気が盛り上がった。
連結売上高に占める割合は現在の6割強から7割に高まる。人手不足の中国などで人材派遣・請負を伸ばすほか、複合機向け電源の受託製造も拡大すると伝えており、本格的な海外事業拡大による利益成長が期待された。

証券市場新聞

Pocket