海運株が続騰、投資判断引き上げ相次ぎ値動きの良さが短期資金呼び込む

タンカー|証券市場新聞

 日本郵船(9101)、商船三井(9104)、川崎汽(9107)の大手海運株が続騰、前日に続いて業種別騰落率でトップに立っている。中国経済回復に伴う海運市況改善期待を背景に、野村やモルガン・スタンレーMUFGなどが国内外の証券会社から投資判断の引き上げが相次いでおり、出遅れ修正が加速した。年金などの国内機関投資家に加え、値動きの良さが短期資金を呼び込み、上げ足を速めている。

証券市場新聞~株式ニュースと相場見通し~

Pocket

タンカー|証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる