225先物「ハチロク」の裏話|証券市場新聞

月初は高いというアノマリーがついに崩れる

 日経平均は月初は高いというアノマリーがついに崩れた。
 この2年間で20回連続高かったが今月は321円安と大幅マイナスとなった。
 そもそも月初めが高いというのは個人の積み立て投信「NISA」の買いが入るからだと見られている。
 今月はそれにぶつけるように海外から売りがでたようである。

戻り過程においても着実に日本株を売却

 外国人投資家は2月第4週まで連続株式を売り越し累計で約7兆円売り越したことになる。
やはり、戻り過程においても着実に日本株を売却している。
 先週は前半戻りを試す展開となったが後半で下値を摸索する動きとなった。
 トレードしてて感じることであるが「下げるために一旦上げる」というのが多くなってきたように思う。
 一日の中でも「前場高の後場安」が多いし先週でも火曜日に節目の2万2170円を抜けてきて2万2500円台まで上昇したのに金曜日には2万1000円の攻防となった。

水曜日や木曜日に仕掛け的な動きも

 強いと見せかけて買いを誘いそれを売りたくなるように下げ、下げに拍車を掛ける。「AI(人工知能)」による戦略なのだろうか。
 今週はメジャーSQ週である。低下していたVIX指数も再び上昇し日経225オプションのIVも高止まりしている。ポジションが固まった水曜日や木曜日に仕掛け的な動きがあると十分考えられ今週は細心の注意が必要である。

為替の動きに注意

 2月14日の安値2万900円を割ってくるようだとボリンジャーバンドの▼2σ(2万600円処)が意識されよう。
上値は下落過程であけた2つの窓の上の窓(2万2068円)が戻りの上値と思われる。今週は上下に大きく動きそうである。為替の動きに注意したい。
(ハチロク)




相場見通し

Pocket