9日の東京市場(大引け)5日ぶり反落、日経平均は249円28銭安

9日大引けの東京市場は5日ぶり反落、日経平均は前日比249円98銭安の2万7999円96銭で引けた。

 8日のニューヨーク市場はダウが小幅高でナスダックとS&Pが下落となり、方向感が欠けるなかで、東京エレクトロンやソフトバンクGを筆頭に決算悪の指数構成銘柄を中心に売りが嵩み、後場も膠着状態となった。
個別ではエンシュウ、ロードスター、オプテックスグループ、メルカリ、日本製鋼、住友ゴム、日東工は値下がり率上位に売られ、東京エレクトロンやソフトバンクGも安い。半面、LITALICOとデサントがストップ高、トレンド、セレス、チャームケアは値上がり率上位に買われ、川ファーストリテや郵船も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる