東証|企業速報 証券市場新聞

13日の東京市場(大引け)6日続落、日経平均は前週末比153円64銭安

 13日大引けの東京市場は6日続落、日経平均は前日比1053円64銭安の2万1191円28銭で引けた。トランプ大統領がまだ関税を上乗せしていない3000億ドル分にも対中関税を上乗せする手続きを指示したことを嫌気、前場は下げ渋る場面もあったが、14時に発表された3月の景気動向指数速報値に絡んで、内閣府が基調判断を「下方への局面変化を示している」から「悪化」に変更したことで先物から値を崩す動きとなった。
 個別ではソウルドアウト、電気興業がストップ安、エンカレッジ、オリジン、平田機工、ダイトロンは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGも安い。半面、DLE、レック、ブレインパッド、淺沼組、グレイステクノロジーがストップ高、TOYO TIR、A&D、インテージHDは値上がり率上位に買われた。




株式情報と相場見通し

Pocket