東証|企業速報 証券市場新聞

28日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比114円56銭安の1万6550円26銭で引けた。為替が一時1ドル104円台まで円高が進んだことや明日の日銀会合を控えてリスク回避の動きで引けにかけては下げ渋る動き。個別ではコロプラがストップ安、ハピネット、ホシデン、サノヤスHD、ユアテック、ココカラ、デサント、日産車体が値下がり率上位に売られ、三菱UFJや野村も安い。半面、九電工、アドテスト、アルプス電、ステラケミ、ソフトバンクテク、東光高岳は値上がり率上位に買われている。

証券市場新聞

Pocket