正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

続伸も伸び悩み

 3日午前の東京市場は続伸、日経平均は74円高です。雇用統計の改善を好感して前日の米国株市場で主要3指数が揃って上昇した流れを引き継ぎ、買いが優勢でした。ただ160円超に上昇したあとは先物売りに伸び悩んでいます。新型コロ感染第2波への警戒感に加え、今晩は米国市場が独立記念日の振替休日で休場となることが買いを手控えさせました。

ほぼ全銘柄を手じまい

 一方、マザーズ指数が7日ぶりに反発しており、中小型株に切り返す銘柄が目立ちました。シンボルストックのアンジェスが下げ止まったことで、投資家心理が改善したようです。ただ、前日までの下げに対する自律反発の域は出ておらず、推奨銘柄についてはBASE(4477)、マクアケ(4479)を噴き値売りしたほか、利食い、損切りを合わせてほぼ全銘柄を手じまいました。しばらくは様子見として、チャンスがあればショートを狙ってみたいと思います。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Download (PDF)

Pocket