卯年の平均上昇率を達成【転ばぬ先のテクニカル】

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞
目次

後場に入ると突然利食い

昨日の東京株式市場は9日ぶりに反落しました。前場は上値追いを継続し、一時3万1352円高値までありました。しかし、後場に入ると突然利食いが持ち込まれ、急激に下落しました。昨日の当欄で「新値八手、十手」としたように、流石に行きすぎと反応したようです。

卯年から見た相場予測は…

ところで昨年の12月27日と28日の当欄で干支と九星気学から見た相場予測を提示しました。干支の卯年から見た予測は以下のようなものでした。
「過去6回の卯年は5勝1敗と勝ち越しです。年間高値までの最大平均上昇率は30.4%と大きな上昇が期待できる反面、年の半ばから後半にかけて急落するケースが多いことが特筆されます。前年比での平均上昇率が20.5%ですので、今年の日経平均が足元の2万6500円近辺ならば来年は3万1930円がターゲット。一方で前年比での年間安値までの下落率は7.6%ですので、来年の日経平均の下値は2万4500円近辺ということになりそうです」。

上値ターゲットは3万1445円近辺

昨年の大納会の終値は2万6094円だったことから、上記の上値ターゲットは3万1445円近辺が、下値は2万4110円近辺と書き換えねばなりません。昨日の日経平均高値は3万1352円でしたので、ほぼターゲットに達しました。

九星気学の四緑木星から見た予測は…

一方、九星気学の四緑木星から見た予測は以下のようなものでした。
「卯年と重なっている1987年を含めて8回の四緑木星の年の相場を振り返ると、前年比では7勝1敗と九星気学でも非常に勝率の高い星回りです。年間高値までの平均上昇率は32.3%、前年比では25.1%で平均下落率はマイナス3.5%です。足元の2万6500円で計算すると年間高値は3万5060円、年間安値は2万5570円、大納会では3万3150円という大相場が計算できます」としました。

上昇一服し調整経て3万4522円目指す

実際の大納会終値で計算し直すと、年間高値は年間高値は3万4522円、年間安値は2万5180円、大納会では3万2643円と書き換えねばなりません。となると、卯年のサイクル達成で一旦年前半の上昇が一服し、今後の調整を経た後に3万4522円を目指すと考えることが出来るのかもしれません。

日々勇太朗

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

Error! The button ID (94818) you specified in the shortcode does not exist. You may have deleted this payment button. Go to the Manage Payment Buttons interface then copy and paste the correct button ID in the shortcode.

転ばぬ先のテクニカル|証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次