オートバックスは小幅反落、メンテナンス用品など拡大で21年5月期予想を上方修正も反応薄

オートバックスセブン<9832>は小幅反落。同社は7日の取引終了後、21年5月期の業績予想の修正を発表、連結売上高で2238億円から2160億円(前期比2.4%減)へ、営業利益で76億円から97億円(同27.9%増)へ上方修正したが反応薄。全般地合い軟化のなか、小口の売りに押されている。新型コロナウイルス感染拡大の影響があったものの、車の利用頻度向上によるメンテナンス用品や、寒波による冬季用品などの拡大した需要を取込んでいる。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる