企業|企業速報 証券市場新聞

藤倉ゴム工業 (5121)、古河電池(6937)オリコン (4800)ストップ高となったほか、倉元製作所(5216)や不二サッシ(5940)も大幅高に買われるなど、マグネシウム燃料電池関連が人気を集めた。

9日付け日本経済新聞が「ホンダ(7267)と埼玉県産業技術総合センター(埼玉県川口市)は世界で初めてマグネシウムを使い、繰り返し充電できる2次電池の実用化にめどをつけた」と報じたことを受け、関連銘柄に思惑買いが広がった。スマートフォンなどに使うリチウムイオン電池より材料コストが大幅に安く、大きさも半分程度になる。リチウムイオンに代わる次世代電池となる可能性もあると伝えており、マグネシウム燃料電池の早期実用化と市場大型化へ期待が高まった。

 

証券市場新聞

Pocket