企業|企業速報 証券市場新聞

旭ダイヤモンド工業(6140)がマドを空けて急落、下落率は16%を超えた。20日取引終了後、17年3月期の連結業績を下方修正したことを嫌気した売りがかさんだ。
通期予想について、経常利益45億5000万円を19億5000万円(前期比61.7%減)へ大幅に減額。機械や石材・建設業界向け工具が伸び悩み、販売単価下落と円高が収益を圧迫。業績下振れに伴い、年間配当を従来の28円から14円(前期30円)へ大幅に引き下げた。

証券市場新聞

Pocket