企業|企業速報 証券市場新聞

中村超硬(6166)が急反発、一時ストップ高となる前週末比700円高の4160円まで上げ幅を広げた。12日取引終了後、2016年3月期の業績を修正、利益予想を大幅に引き上げたことで買い気が強まった。
連結業績について、売上高は66億7400万円に対して67億円(前期比30.8%増)とほぼ従来予想通りながら、営業利益を9億6400万円から14億1000万円(同72.1%増)、へ引き上げるなど、利益予想を大幅増額。ダイヤモンドワイヤ増産で販売量の拡大、ダイヤモンドワイヤの細線化の進行による高付加価値化や生産性向上による原価低減効果も利益を押上げる。。
第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算は、売上高48億1100万円(前年同期比32.5%増)、営業利益9億8000万円(同64.5%増)だった。

証券市場新聞

Pocket