自動車|製造業 証券市場新聞

日産車体(7222)が軟調、18年3月期最終損益を45億円の赤字へ修正

 日産車体(7222)が軟調。この日、14時15分に、18年3月期の連結業績予想を売上高で6400億円から5550億円(前期比1.9%減)へ、営業損益で125億円の黒字から17億円の赤字(前期121億9500万円の黒字)へ、最終損益で54億円の黒字から45億円の赤字(同82億2300万円の黒字)へ下方修正した。完成検査工程の改善と生産運営の安定化に向けた対策を進めており、11月上旬の生産再開以降、生産工程のラインスピードを通常速度よりも落とした運営を行っている。年度末に向けてラインスピードを通常運営に戻すよう鋭意対策に努めているが、それまでの間生産台数が前回発表予想時に対して約16%減少し、そのことにより売上高の減少が見込まれている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket