アイロムG(2372)が後場急伸、米国Q-State社とiPS細胞作製技術に関するライセンス契約を締結

アイロムグループ(2372)が後場急伸。この日12時に100%子会社のIDファーマが所有するCytoTune-iPSを用いて米国Q-State BiosciencesがiPS細胞を作製し、そのiPS細胞由来の分化細胞を用い定められた共同研究先と共同研究を実施することを許諾する契約を締結したと発表した。それらにより得られたiPS細胞や分化細胞を内部研究や定められた共同研究先との共同研究に使用することについて、米国を対象とする非独占的な権利を許諾、これによりIDファーマはQ-Stateから年間使用料を受け取る。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket