ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

プロパスト(3236)がが反落、第2四半期19.9%営業増益も利益確定売り

 プロパスト(3236)が反落。15日の取引終了後、18年5月期第2四半期累計(2017年6月~11月)の単体決算を発表、売上高は81億3100万円(前年同期比6.6%増)、営業利益は7億100万円(同19.9%増)、純利益は5億7200万円(同57.0%増)と大幅な増益となったが、株価は15日に243円まで上昇していることから利益確定売りに押されている。分譲開発事業で自社販売物件としてバンデルーチェ北斎通り(東京都墨田区)、クラッシィアルテときわ台(東京都板橋区)及びラフィネ ヴィエルテ(東京都江戸川区)の3物件の販売を実施したことが寄与している。
 通期は売上高155億円(前期比4.2%増)、営業利益8億6400万円(同25.6%減)、純利益5億2100万円(同1.9%増)と従来予想を据え置いている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket