レポート|企業速報 証券市場新聞

7&iHD(3382)が軟調、岡三証券が「強気」から「中立」へ引き下げ

セブン&アイ・ホールディングス(3382)が軟調。16日付で岡三証券がレーティングを「強気」から「中立」へ、目標株価を5200円から4800円へ引き下げた。構造改革の成果には時間を要するとし、当面のカタリストに乏しいと判断。海外CVSはガソリン価格の上昇寄与が大きく、ファストフードなどの主力商品の牽引が今一つでマージンミックス悪化が生じているとし、国内CVSの加盟店向け支援が日販上昇に結びつくまでは、販促費の抑制で利益を確保せざるを得ないと考えてる。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket