自動車|製造業 証券市場新聞

東洋機械(6210)がストップ高、自動車関連好調で第3四半期は17.2%営業増益

 東洋機械金属(6210)がストップ高。同社は29日の取引終了後、18年3月期第3四半期累計(2017年4月~12月)の連結決算を発表、売上高は233億8500万円(前年同期比14.0%増)、営業利益は15億9500万円(同17.2%増)、純利益は10億6500万円(同35.1%増)と2ケタ増収増益となったことが好感された。射出成形機、ダイカストマシンともに自動車関連を中心に好調で、生産効率向上などのコスト低減も寄与している。
 通期は売上高300億円(前期比8.3%増)、営業利益24億円(同31.6%増)、純利益15億6000万円(同3.6%増)と従来予想を据え置いている。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket