工業地帯|企業速報 証券市場新聞

日本コークス(3315)が急反落、割高在庫の影響で直近3カ月の営業利益が半減

 日本コークス工業(3315)が急反落。前週末取引終了後に発表した18年3月期3Q累計(4~12月)の連結決算で、営業利益は22億3000万円(前年同期比2.5%増)と小幅ながら増益を確保したが、直近3カ月(10~12月)では
 ただ、の営業利益は7億3200万円(同49.6%減)と半減したことで、通期計画の37億円(前期比49.8%増)未達成を警戒した売りが優勢になった。原料炭価格下落に伴う割高在庫の影響でコークス事業の採算が急激に悪化した。

by 株価チャート「ストチャ」

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket