企業|企業速報 証券市場新聞

パソナグループ(2168)が急反落、前佑末日107円安の666円まで売り込まれ、午前10時30分現在、東証1部値下がり率トップとなっている。8日取引終了後、16年5月期の連結業績予想を下方修正したことを失望した売りがかさんだ。
売上高を2680億円から2630億円(前期比16.3%増)、営業利益47億円を37億円(同6.0%増)へ。新規事業の立ち上げが遅れるなどM&Aによる相乗効果が引き出せず、売上高が計画を下回り、利益も予想を下ぶれる。

証券市場新聞

Pocket