下落|企業速報 証券市場新聞

ヤマダSXL(1919)が続落、18年2月期最終損益を27億円の赤字へ修正

 ヤマダ・エスバイエルホーム(1919)が続落。同社は10日の取引終了後、18年2月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を520億円から490億円(前期比12.2%増)へ、営業損益を3億円の黒字から9億円の赤字(前期6000万円の赤字)へ、最終損益を2億円の黒字から27億円の赤字(同2億9000万円の赤字)へ下方修正したことが嫌気された。リフォーム事業の受注おと工事が集中したため、工事の追加変更発生によるコストアップや体制整備のための人員投下に伴う人件費が増加。また、リフォーム事業において工事内容の精査や請求業務に遅れが生じたことも影響している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket