下落|企業速報 証券市場新聞

ヤマダ電機(9831)が続急落、政策的在庫処分で18年3月期予想を下方修正

 ヤマダ電機(9831)が続急落。同社は13日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を1兆6010億円から1兆5730億円(前期比0.6%増)へ、営業利益を746億円から380億円(同34.4%減)へ、純利益を470億円から290億円(同16.0%減)へ下方修正、期末一括配当を18円から13円(前期13円)に引き下げた。新業態店舗(家電住まいる館)への業態変更(改装)を約100店舗予定しており、将来に向けた在庫の入れ替え、部門間在庫バランスの適正化による仕入絶対額の大幅な減少や政策的在庫処分を戦略的に行った影響がでている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket