決算|企業速報 証券市場新聞

東光高岳(6617)が急反発、19年3月期15.4%営業増益予想を好感

東光高岳(6617)が急反発。同社は24日の取引終了後、19年3月期の連結業績予想を発表、売上高は910億円(前期比4.5%減)、営業利益は34億円(同15.4%増)、純利益は17億円(同10.0%増)と2ケタ増益を見込んでいることが材料視された。生産性の向上と原価低減活動を一層加速・推進するとともに、既存事業とは異なる新たな収益基盤の構築に向け事業領域の拡大とビジネスモデルの変革に取り組むという。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket