IT|企業速報 証券市場新聞

富士ソフトSB(6188)が3日続落、官公庁向け拡大で18年3月期予想を上方修正も材料視されず

 富士ソフトサービスビューロ(6188)が3日続落。同社は25日の取引終了後、18年3月期の単体業績予想の修正を発表、売上高を97億円から100億3800万円(前期比17.5%増)へ、営業利益を3億3000万円から4億3600万円(同61.5%増)へ、純利益を2億4000万円から3億1100万円(同48.8%増)へ上方修正したが材料視されなかった。コールセンターサービス分野、BPOサービス分野ともに官公庁向けの案件が拡大している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket