自動車|製造業 証券市場新聞

カーメイト(7297)が続伸、原価率改善で18年3月期利益予想を上方修正

 カーメイト(7297)が続伸。同社は2日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を201億8200万円から201億800万円(前期比7.4%増)へ、営業利益を8億6400万円から12億9400万円(同2.8倍)へ、純利益を5億700万円から7億7000万円(同9.1倍)へ修正、利益の上方修正を好感した。チャイルドシート、純正用品、自転車関連商品は計画未達となったものの、360度ドライブアクションレコーダー、タイヤ滑止が計画過となり、想定より円高傾向で推移し海外からの材料部品の仕入れ単価が計画を下回ったことなどにより原価率が改善している。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket