自動車|製造業 証券市場新聞

富士精工(6142)が反落、19年2月期上方修正も利益確定売り

 富士精工(6142)が反落。同社は11日の取引終了後、19年2月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を209億7000万円から217億7000万円(前期比5.1%増)へ、営業利益を10億1000万円から13億1000万円(同2.1倍)へ、純利益を8億7000万円から11億1000万円(同2.4倍)へ上方修正したが前日に急伸していることから利益確定売りに押されている。要顧客である自動車産業における設備投資などの受注環境がプラス基調で推移したことが寄与している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket