DWTI(4576)が急伸、「H-1337」の米国第Ⅰ/Ⅱa相臨終了を好感

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576)が急伸。同社はこの日寄り前に同社が創製した緑内障治療剤「H-1337」につきいて、開発委託先である米国のAllysta社が行っていた緑内障・高眼圧症を適応症とした米国第Ⅰ/Ⅱa相臨床試験が終了したことを発表した。現在、試験結果の詳細な解析中としており、今後は、試験結果を基にオプション契約先であるAllystaとライセンス交渉を進め ていくとしている。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン

Pocket