ビジネス街|企業速報 証券市場新聞

日本モーゲージS(7192)が3日ぶり反落、営業収益を30億900万円へ下方修正

 日本モーゲージサービス(7192)が3日ぶり反落。同社は22日の取引終了後、19年3月期の第2四半期累計(4~9月)連結業績予想の修正を発表、営業収益を30億4500万円から30億900万円(前年同期比2.9%増)へ、営業利益を4億5800万円から5億6300万円(同56.8%増)へ、純利益を3億2000万円から3億8200万円(同72.9%増)へ修正した。住宅金融事業、住宅瑕疵保険等事業において原価低減が図られたことや販売費及び一般管理費の削減に取り組んだことが利益を押し上げているが、営業収益は住宅瑕疵保険等事業における完成保証サービス、地盤保証サービスでそれぞれの営業収益と営業原価を総額表示していた従来の方法から、両者を相殺した純額表示に変更した影響により、営業収益は下方修正となる。

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

Pocket