自動車|製造業 証券市場新聞

リチウム電池関連賑わう、EVシフト加速で需要拡大期待したした買いが改めて流入

ダブル・スコープ(6619)が午前10時35分現在、東証1部値上がり率トップに立ち、安永(7271)が前日のストップ高に続いて値を飛ばすなど、リチウムイオン電池関連銘柄がにぎわった。ノルウェーの新車販売で電気自動車(EV)のシェアが5割を超えたほか、中国もEV普及を政策がバックアップ、日産自動車(7201)が現地にEV電池合弁会社を立ち上げ、事業を開始するなど、世界的にEVシフトの動きが加速していることから、リチウムイオン電池需要拡大を期待した買いが改めて流入した。

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket