企業|企業速報 証券市場新聞

日置電機(6866)が大幅続落、約2カ月半ぶりに年初来安値を更新した。15日取引終了後、16年12月期の連結業績と配当予想を下方修正したことを嫌気した売りがかさんだ。
通期について従来予想の売上高215億円を195億円(前期比0.3%増)、営業利益33億7000万円を26億2000万円(同9.4%減)へ。海外半導体産業向け自動試験装置の低迷で売り上げが計画を下回り、増益予想から一転して減益となる。
業績悪化に伴い、年間配当を50円から45円(前期45円)に引き下げた。

証券市場新聞

Pocket