企業|企業速報 証券市場新聞

松屋(8237)が連日で年初来安値を更新した。前日取引終了後に発表した5月売上報告で、銀座店と浅草店を合わせた銀座本店の売上高は前年同月比10.9%減と3カ月連続で前年実績を割り込み、減少幅が2ケタに広がったことが嫌気されている。盛夏物婦人衣料のワンピース・カットソーの動きが鈍く、前年にインバウンド需要で大きく増えたワインが苦戦したという。
高島屋も(8233)5月の全社売上高が1.1%減、J.フロント リテイリング(3086)も5月の連結売上高が4.5%減となり、株価は軟調に推移している。

証券市場新聞

Pocket