IT|企業速報 証券市場新聞

システムソフト(7527)が急落、第3四半期9900万円の営業赤字と株主優待制度廃止を嫌気

システムソフト(7527)が急落。同社は7月31日の取引終了後、19年9月期の第3四半期(18年10~19年6月)決算を発表。連結売上高で18億9000万円(前年同期比6.4%増)、営業損益で9900万円の赤字(同9700万円の赤字)と赤字となったことが嫌気された。一部プロジェクトにおいて新規案件の獲得が計画に対して届かなかった。
通期は売上高26憶円(前期比5.1%増)、営業損益1億5000万円(同7900万円の赤字)と従来予想を据え置いている。
同時に株主優待制度の廃止を発表している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket