IT|企業速報 証券市場新聞

ファンコミ(2461)が反発、第2四半期予想の上方修正を好感

ファンコミュニケーションズ(2461)が反発。同社は2日の取引終了後、19年12月期の業績予想の修正を発表。第2四半期累計(1~6月)連結売上高で168億円から177億9500万円(前年同期比3.3%減)へ、営業利益で17億円から19億7300万円(同13.4%減)へ上方修正した。事業環境の変化への対応を継続して行っていたが、当初想定していた計画よりも上振れて推移している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket