ゲーム|企業速報 証券市場新聞

ネクソン(3659)が下落率トップで7カ月ぶり安値、2Qコンセンサス下回り減益幅拡大

 ネクソン(3659)が急落、東証全市場で下落率トップとなり、約7カ月ぶりに年初来安値を更新した。8日取引終了後に発表した19年12月第2四半期累計連結決算は、営業利益655億8800万円(前年同期比7.3%減)で着地したが、コンセンサスを下回り、直近3カ月の4~6月期では129億8700万円(同18.9%減)と減益幅が広がったことがネガティブ視された。ロイヤリティ費用やモバイルゲームのラインナップ増加に伴うクラウドサービス費用が収益を圧迫した。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

高野恭壽の株式情報これでどや!

Pocket