企業|企業速報 証券市場新聞

薬王堂(3385)が切り返し、年初来高値を更新。8日取引終了後に発表した17年2月期第1四半期(3~5月)の単体決算は、売上高177億7600万円(前年同期比13.3%増)、営業利益8億1500万円(同33.2%増)、純利益5億2000万円(同46.7%増)と大幅増収増益で着地したことが好感されている。
品ぞろえ強化により販売価格を維持するとともに、来店客数、買い上げ点数を拡大、ドラッグストアを秋田県に3店舗、宮城県に3店舗、山形県に2店舗の合計8店舗を新規出店するなど、小商圏ドミナント出店を推進したことで売り上げ、利益が拡大した。
通期は売上高738億円(前期比10.3%増)、営業利益29億7000万円(同比12.0%増)、純利益19億3000万円(同8.0%増)と従来予想を据え置いている。

証券市場新聞

Pocket