企業|企業速報 証券市場新聞

任天堂(7974)がストップ安まで売られた。同社は22日大引け後にスマホゲーム「Pokemon Go」の配信による連結業績予想への影響を発表、配信を行っているポケモン社は、同社が議決権の32%を保有する持分法適用関連会社であるため、連結業績に与える影響は限定的とし、今3月期の連結業績予想に織り込み済みとしたことから、材料出尽くしから売りが加速化している。

 

証券市場新聞

Pocket