企業|企業速報 証券市場新聞

富士フイルムホールディングス(4901)が大幅安で年初来安値を更新した。
27日取引終了後に発表した17年3月期の第1四半期(4~6月)連結決算が売上高5470億1300万円(前年同期比7.4%減)、営業利益275億6100万円(同23.8%減)、最終利益111億5400万円(同54.1%減)と減収大幅減益となったことを嫌気した売りがかさんだ。フラットパネルディスプレイ材料や電子材料などが伸びたが、円高による為替換算で売り上げが減少、収益性も低下しており、為替差損が利益水準を押し下げた。
通期は売上高2兆5500億円(前期比2.3%増)、営業利益2200億円(同15.1%増)、最終利益1250億円(同1.4%増)と従来見通しを据え置いたが、為替レートは対ドルで110円、対ユーロで125円を想定しており、業績下ぶれも警戒された。

証券市場新聞

Pocket