企業|企業速報 証券市場新聞

小野薬品工業(4528)が大幅続伸。1日、米調査会社IMSヘルスの日本法人アイ・エム・エスジャパンが公表した16年4~6月期の医療用医薬品国内売上高(薬価ベース)で、抗がん剤の「オプジーボ」が前年同期比17.3倍の265億円に急拡大し、3位にランクインしたことが支援材料になった。
厚生労働省の高額新薬使用ガイドラインによるオプジーボの販売への影響が警戒され、7月29日には年初来安値3601円まで売り込まれており、オプジーボの販売拡大が安心感を誘い、買戻しが継続した。

証券市場新聞

Pocket