東証|企業速報 証券市場新聞

2日前引けの東京市場は反落、日経平均は前日比113円30銭安の1万6522円47銭で引けた。前日のNYダウ安や原油価格の軟調などを受けて朝寄り後は一時前日比188円超下落した。
個別では日本光電、EPS、ソフトクリエ、大塚商会、共和レザー、セ硝子、寿スピリッツが値がり率上位に売られ、三菱UFJやANAも安い。半面、ニッセンHDがストップ高、サノヤスHD、日本ライフL、メガチップス、虹技、トプコン、ミロク情報も値上がり率上位に買われている。

証券市場新聞

Pocket